カートをみる マイページログイン ご利用案内 お問い合せ
RSS
 

マイナス水素イオンをおススメする3つの理由


]群修篝験莉慣病の原因となる活性酸素を無害な水に還元します。

私たちは食事を通して栄養素を体内に取り入れ血糖を作ります。血糖は、細胞内にあるミトコンドリアに運ばれ、酸素を使って燃焼され、エネルギー(ATP)や体温に変換されます。(これをクエン酸サイクルと言います。)
この燃焼過程で酸素の約2%が活性酸素になります。過剰に発生した有害な活性酸素の一部が、細胞やDNAを傷つけ、老化の原因となります。生活習慣病の約90%は活性酸素が原因と言われています。
マイナス水素イオンは、活性酸素を還元し無害な水に変えます。水素は、活性酸素の中でも特に悪性のヒドロキシラジカルを選択的に還元する抗酸化作用があります。


また、活性酸素は、この他にも

・食品添加物が身体に入った時

・ストレスを受けた時

・紫外線や電磁波を浴びた時

・水質や大気汚染

・激しい運動をした時

・たばこを吸ったり、お酒を飲んだ時

などでも発生します。


老化やさまざまな疾病の予防には、活性酸素から細胞を守る抗酸化物質が必要です。


⊃總任惑焼發貌呂、酸化を防ぎます。

脳神経細胞が酸化ストレスを受けると、大脳皮質の海馬が委縮するなどにより、認知症を発症する場合があります。 
脳には、血液脳関門という脳にとって有害な物質が通過できない仕組みがあります。血液脳関門は、水素などの限られた物質は通しますが、カテキンやポリフェノールなどの分子量の大きな抗酸化物やビタミン類などは通しません。
活性酸素による酸化から脳細胞を守るには、水素が最も優れた抗酸化物質ということになります。


エネルギー代謝を促進します。

クエン酸サイクルで高エネルギー物質ATP(アデノシン三燐酸)を生成するには、NADHが必要です。マイナス水素イオンは、ミトコンドリア内のNAD+と反応してNADHを作り、水素イオンに変化します。水素イオンは、クエン酸サイクルで発生した過剰な活性酸素を無害な水に還元します。

マイナス水素イオンを供給することは、細胞の酸化を防ぎ、エネルギー代謝を促進するものといえます。



ページトップへ